お世話になった方へのお中元や経済活性化について

時代とともに生活様式が変わり人々の考え方も変わるのはしょうがないことかもしれませんが、私達が日常生活をおくる上でお世話になった人達に感謝の気持を表す、ということは何時の時代になってもそう変わらないことです。毎年、この6月の時期になるとデパートをはじめ各商店でお中元商戦が始まり、もうこの時期が来たのかと思いをめぐらせ、それと共に、それでは何を贈ろうかと悩む時期でもあります。

お中元のための情報を提供するサイトです。

現在は会社の上司や親戚や親類などを始め、友人や自分の子ども達にもお世話になった「しるし」として贈ることが多く、又、お中元は金額の多い、少ないということではなく贈る方の気持がこもっていれば何でも良い気がします。


お中元商戦といわれるように、1年間を通じていろいろな商戦があり、バレンタインデー商戦や母の日、父の日など沢山ありますがこのような季節季節の節目に需要を喚起することにより日本経済が活性化するということでは、とても素晴らしいことではないでしょうか。
昨年当初から新型コロナウイルスの感染拡大により、かなり日本の経済は落ち込み、職種を問わず大きな売り上げの落ち込みが出ています。



少しでも経済成長に向けてお中元商戦で頑張って頂きたいと切に願います。



ワクチン接種が進み、国民のすべてが打ち終わる頃にはいままで我慢していた反動が大きく出てきて、一気の消費意欲が大きくなる可能性もありますのでお中元に対する期待はとても大きいと考えます。