お中元は中国の祭日が起源

日本には1年に2回、お世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈り物をする風習があり、夏は「お中元」冬は「お歳暮」として定着しています。

日本でお中元が広まったのは室町時代ごろと言われていますが、「中元」という言葉は中国に由来します。

古代中国の民族宗教「道教」では下界を治める神の誕生日が上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)とされています。
上元は天の神を統率する大帝、中元は地の神々を統率し下元は水の神を司る大帝です。
この日には盛大なお祭りが催され、人々は罪の許しを乞い、幸せになることを祈りました。中元の日になると信者は火を焚いて罪を懺悔し、そのあとで近隣の人たちに贈り物をしたと言われており、これがお中元の起源となっています。

お中元に関するマニアックな情報をお届けします。

日本では室町時代に公家の間で広まり始め、江戸時代になると庶民の間でも定着してきました。
庶民の間にまで知られるようになった背景には、この時期に商人がお得意様に粗品を配ったことも考えられます。お中元として贈るものに決まりはありませんが、以前は夏の時期なのでおそうめんやジュースなどが人気でした。



今はデパートやホテル、カタログギフトなどさまざまなショップで扱いがあり、洗剤などの日用品やのり、お菓子などが定番品です。
ほかにもウナギや肉などの高級品、全国各地の特産品など品揃えも豊富で、目移りしてしまいます。



中国の神々に思いをはせながら、お世話になった方への感謝の気持ちを表す贈り物をぜひ今年も検討してみてください。