医療レーザー脱毛のすすめ

脱毛は自己処理によるものは手軽ででき、自宅でできますから、いつでも誰でもできるので便利な反面、一過性の効果しかありません。

剃刀の場合は、剃刀負けをして肌を傷めることがありますし、毛抜きは埋没毛を作る原因となります。



医療レーザー脱毛はレーザーが毛根に直接照射をして、毛根を破壊させるのでそこから二度と毛が生えなくなる仕組みです。



一か月や二か月に一度のペースで照射をうけ、一つの部位で6回ほど照射をすると、ほぼ全体的に毛がなくなります。

二年もあれば一つの部位は綺麗になります。

レーザー脱毛はまずはワキの部位から始めることをおすすめします。


脇は毛の生えている面積も狭いですし、照射時間も短くて済みます。



痛みも輪ゴムを強く弾いたときのようなもので、我慢できますし、数十分で終わります。

冷却タオルで冷やすので、赤みもすぐにひきます。
レーザーは剛毛で太い黒い毛に強く反応するので、脇の毛と相性がいいので、毛穴から綺麗になくなり、脇の仕上がりもツルツルで感動します。

逆に産毛などの薄い毛はレーザーと相性があまりよくないので、綺麗になるのに回数がかかってしまうことがあります。

可愛い水着や下着を着こなす自信がつきますし、女性である以上、美容にはこだわりたいものですから、安い値段で無駄毛がなくなるのは本当に魅力的です。
医師の施術のもと、医療レーザー脱毛は実施されるので、安心安全面が大きいのが最大の魅力でもありますね。