サブリースは将来的な不安を明確にする事が大切です

賃貸物件のマンションやアパートを専門業者が一括で借り受けてオーナーに変わって経営を行うサブリースは、うまく利用すれば間違いなくオーナー側にはメリットのある仕組みです。

空室がアパートなどにあっても家賃収入が見込まれて入居者募集や契約時などの手続きも任せられるサブリースは、特に高齢のオーナーや普段仕事をしている不動産投資家にとっては魅力的な制度です。ですが現実的には契約期間中に家賃据え置きにも関わらず家賃減額の要請があったり、定期的なリフォームを迫られたりその費用が高額だったりするトラブルも発生しています。その原因としては、通常の不動産賃貸のような資格にある専門家が契約の前に契約更新や家賃見直し、免責期間や解約などを書面でしっかりと説明する義務が課されていないことが挙げられます。

不動産の契約には法律や法令でいろいろな規制や制限が設けられていて、なかなか一般の人には専門的な事項は難しいものが多いです。そのため、明文化している書類が存在していなかったり説明不足で認識のギャップが生じてさまざまな問題に発展していく可能性があります。サブリース契約を締結する前に、相手の業者側に依頼して将来的に発生する不安材料を書面にしてもらいきちんと理解してから契約に臨むことが大切です。中でも契約更新や契約解除から家賃の見直しや免責期間などを明確に書面化しておくことで、将来的に発生する可能性のあるトラブル防止につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *