空室対策にサブリース契約

不動産投資を行う上で一番怖いのは、投資物件で空室が発生することです。

アパートやマンションなどを投資目的で購入し家賃収入を得るという不動産投資では、何らかの理由により空室となった場合、家賃収入が滞ってしまい、ローンの返済も難しくなってしまいます。そんな空室対策として多くの不動産投資家が利用しているのが「サブリース」という契約です。サブリース契約とは、オーナー(不動産投資家)がサブリース会社に物件を一括で貸し出し、家賃回収から管理業務まで行ってもらうという形になっています。ここで万が一空室が出た場合でも、オーナーへ毎月入ってくる収入が滞ることはありません。オーナーにとっては家賃収入の安定性がメリットではありますが、その分の管理手数料を毎月支払うことになります。

手数料の目安は家賃の10~20%ですので、オーナー側の毎月の収入は満室賃料の80~90%と考えましょう。ちなみに敷金・礼金・更新料などについてはサブリース会社が預かることになります。空室対策として有効であるサブリース契約では、家賃保証における免責期間の長さ、建物の劣化により賃料改定が行われ収入が減額されることも多い、不当に高い手数料を取られる、契約を結んだ会社の倒産では全額回収が難しい、などといった注意点もあります。「こんなはずではなかった」というような不動産投資の失敗を招かないためには、約款や契約書を隅々まで確認して、内容に納得できたら契約するという手順を取ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *