不動産ではサブリースの問題点を理解することが重要

近年、不動産会社が賃貸物件を借り上げ入居者の確保や家賃の徴収代行などを行うケースが増えています。

これらの方法では安定的な収入を得ることができたり、また家主自ら入居者を探す必要がなく、空室リスクを回避することができると言う謳い文句で行われているものも少なくありません。これらの方法はサブリースと呼ばれる方法となっていますが、思わぬリスクが潜んでいることにも十分に注意をすることが必要です。サブリースの多くは家主の負担が非常に少なくなると言う点から人気が高くなっていますが、これを行う不動産会社がリスクを取らないような仕組みが契約の中に隠れている場合があることも少なくありません。

口頭では家賃の保証と言っていても、実際に保証される金額が希望のものではなかったり、その期限が決められていることも多いのが実態です。一般的に賃貸契約は2年もしくは3年の期間が限られているため、この時点で様々な条件がいちど解除され、再度契約を結ばなければならなくなってしまうことも少なくありません。この際に家賃の保証額が引き下げられていたり、またこれらの条件が悪化していると言うケースもあるため十分にその内容を確認することが必要です。

サブリースは家主が高い利益を得ることができると考えられていますが、決してそのような事は無いのが一般的です。そのためサブリースの契約を行う場合にはその期間や条件などに十分に注意をし、書面で内容を確認することが必要となります。また例外事項に関しても十分に確認をすることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *