サブリース利用の際のメリットデメリット

サブリースとは、不動産会社が持ち主から物件を一括で借り上げた上で入居希望者に貸し出すシステムのことをいいます。

「転貸」、「又貸し」と呼ばれることもあります。物件の持ち主がサブリースを利用するメリットとしては、空き室のリスクを回避できるという点が大きいでしょう。空き室があったり家賃の滞納があったりした場合も、毎月決まった金額が不動産会社から支払われる仕組みになっているからです。管理業務を代行してもらえるところも、メリットといえます。入居者の募集や契約などの手続き関係、さらに家賃の回収など管理業務は多数の種類があります。これらの役目を専門知識のある不動産会社に代行してもらうことで、安心して賃貸経営を行うことができるでしょう。

サブリースを利用すると、確定申告の手続きも不動産会社が行なってくれるようにます。デメリットとしては、保証される賃料が満額の8割から9割であることが多いという点でしょう。様々な業務を代行してもらう代わりに、手数料を支払うかたちになります。またサブリースの契約では、礼金や更新料などは不動産会社が受け取ることになりますので、不動産会社を通さない場合と比較して持ち主の得られる収入が小さくなる可能性もあります。入居者の募集も不動産会社が行うことになりますので、持ち主にとっては意に沿わない人物が入居する場合もあるかもしれません。サブリースを行う会社が倒産した場合には、保証された賃料を受け取ることはできなくなる可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *