サブリースは空き室リスクを避けたいオーナーに最適

ひと昔前のアパート経営と言えば、物件所有者すなわち大家さんが直接入居者と面談して契約書を交わし、共用部分の清掃なども大家さんが直接雇った管理人が行うというスタイルが珍しくありませんでした。

しかし現在では、不動産会社に管理業務を委託するのが一般的になっています。さらに近年では、事業運営そのものも実績のあるプロフェッショナルに一任しようという経営方式がスタンダードになりつつあります。このような方式のことを、サブリースといいます。サブリースによるアパート経営の場合、まず不動産会社が物件所有者と賃貸借契約を交わしますが、この時所有者は不動産会社に対して物件の転貸を承認します。すると不動産会社は独自に入居者を集めて家賃を徴収する一方、所有者にリース料を支払います。つまり通常のアパート経営と違い、所有者と入居者の間には直接の契約関係が生じないことになります。

このことは、物件の稼働状況と所有者が物件から得られる果実がリンクしないことを意味します。入居者の募集に関する責任は不動産会社が負うことになるため、たとえ入居者が減ったとしても、所有者が得るリース料の額は変わりません。つまり、賃貸経営に付き物の「空き室リスク」を回避することができるようになります。また、家賃の収納は当然ながら所有者ではなく不動産会社が行います。そのため、サブリースを導入すれば所有者は事務負担の軽減というメリットも得られることとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *