サブリースのメリットと注意点

サブリースは、不動産会社がアパートやマンションなどを家主から借り上げ、入居者に転貸する賃貸経営の手法です。

一種のアウトソーシングサービスと見ることも可能です。この手法を採用することで家主側にどのようなメリットがあるかと言うと、1つは管理運営に係る事務負担の軽減です。入居者に対する直接の貸し手は家主でなく不動産会社になるため、入居者の募集や家賃の回収、出納管理などは不動産会社の仕事になります。家主側は報告を受けるだけです。もう1つのメリットは、賃料保証です。サブリースでは不動産会社から家主に対して借り上げの対価が支払われますが、その額は満額家賃に対して一定率を乗じて得られた額に固定されます。したがって、仮に入居者の数が減少しても収入が減ってしまうことはありません。

実際の家賃収入と借り上げ賃料が連動するパススルー型と呼ばれる事業形態もありますが、業界全体で主流となっているのは賃料保証型の方です。こうして見ると、家主にとってサブリースはメリットしかないかのように思われますが、注意すべき点もあります。それは、経営全般に関するイニシアチブは不動産会社のものになるという点です。あくまで営利事業である以上、不動産会社も赤字経営は避けなければなりません。そのため、家賃の額は自社が損失を被らないような水準に設定され、しかも定期的に見直されます。したがって、家主に支払われる借り上げ料も金額そのものが固定されるわけではなく、一定期間ごとに減額される可能性があるということです。このシステムを利用する際は、そのことを念頭に置いておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *