サブリースの概要と契約の流れは

賃貸経営の一つの形として、「サブリース」を選択肢の一つに考えている人もいるかと思います。

この仕組みを活用すれば、管理などの煩雑な作業を自分ですることもなく、入居率に影響されずに毎月定額のお金を受け取ることが出来ます。ここではその概要と契約の流れを見ていきましょう。サブリースは、オーナーが所有するアパート・マンション等の賃貸物件を不動産管理会社が一括借り上げし、入居者に貸し出すものです。この際の入居者募集・物件の管理等、賃貸に関わるほぼ全ての業務は不動産管理会社が行なってくれます。通常、賃貸契約では入居者がオーナーに賃料を支払うことになりますが、サブリースの場合には、入居者は不動産管理会社に支払い、不動産管理会社はその中の一定額をオーナーに支払う仕組みです。

サブリース契約は、次のような流れで進めていくのが一般的です。まずは現地調査で、オーナーが不動産会社に査定を依頼し、物件を見て賃料を査定します。この際、建物が古いなど状態によっては会社からリフォームを勧められる場合もあります。査定後、会社から賃料の提示がありますので、納得する額であれば契約に進みますが、希望額と違いすぎるなど不満がある場合は更なる話し合いが必要となります。そして、査定額および契約条件など双方了承した上で契約を締結します。その後の物件管理は不動産管理会社が行ない、会社が集金した家賃から、あらかじめ決められた額が指定日にオーナーに支払われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *