中古マンションの購入

中古マンションを購入する場合、立地条件なのか、価格なのか、築年数なのか、内部施設なのかで、その価値は変わってきますが、立地条件では、自分の都合に合う物件というのは意外と少ないものです。

立地条件で最も重要視されるのは駅チカですが、駅チカは圧倒的に希望者が多いので、中古といえども手に入り難いものです。この難関を突破するには、不動産業者からの情報収集はもちろん、インターネットで最新情報をチェックする必要があります。自分が住んでいる地域に絞るとぴったりとした物件は中々見つかりませんが、駅チカなら、今、自分が住んでいる地域にこだわらなければ、見つけやすいでしょう。

築年数は、築20年以上を経過したものでも、あまり安くはなりません。マンションとしての機能を十分に備えているものであれば中古マンションといえども新築と大差ない価格で販売されています。内部施設という面では築20年以上前のものと最近のものとではかなりの違いがありますが、途中でリニューアルして最新のものに劣らないものが揃っています。

こうしてみると中古マンションは築年数での差別化は難しく、駅チカという立地条件に左右されるようです。意外と人気があるのは郊外の高台にあるマンションです。駅チカではないけれどバスの停留所の近くというのは人気があります。高台が好まれるのはなんといっても眺望のよさですが、東日本大震災の影響もあって、近くに海があるところでは、津波を警戒する心理が働いているようです。築20年以内、バス停近くの高台というのはお勧めの物件といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *