マンションで行われる大規模修繕の内容とは?

どんなに新しいマンションを購入しても、年月を得ることで次第にあちこちが劣化していきます。

一見丈夫そうな鉄筋コンクリートであっても、風雨や紫外線によって外壁などの塗装がはがれていきます。大体10年ほど経つと劣化が目立ち始めるため、築12年で1回目の大規模修繕を行うのが目安です。あくまでも目安としてですので、時期はそれぞれのマンションの劣化の進み方や、マンションの管理組合によって変わってきます。大規模修繕は建築物を当初の水準に戻すことが目的で、応急処置のような内容ではありません。

応急処置として行われるのは、補修や小修繕です。組合が主体となり長期修繕計画にもとづいて計画修繕を行うのですが、工事内容が大規模で工事費が高額、かつ工期が長期になる内容のものが大規模修繕と呼ばれます。費用は組合が集めた修繕積立金が充てられ、外壁補修や屋上防水、鉄部の塗装や給水・排水管などの補修などが対象です。主に共有部分のエリアの劣化に対して補修工事が行われ、この大規模修繕を行うことで居住者が快適に暮らせるようになります。

また、メリットはそれだけではありません。定期的に大規模修繕を行うことで、マンションの不動産物件の資産価値を高めることが可能です。流れとしては委員会を設立して建築物の劣化具合を調べ、資金を確保してから施工業者を選定したうえで着工となります。修繕期間中は多少不便を強いられることもありますが、快適な暮らしのためには必要な工事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *