マンションで大規模修繕を行う際のいくつかの施工内容

分譲マンションにお住いの方は、毎月に組合によって決められた管理費を支払うことが決まり事です。

管理費は通常の管理費用に使われる他に、大規模修繕工事を行う際の積立金というポジションが圧倒数を占めています。マンションの場合は、言わずと知れた集合住宅になるので、入居者全員で共用部分が劣化してしまうことがないように、お金を出し合って施工するという流れが一般的です。物件の大きさや入居戸数に影響を受ける内容ですが、分譲マンションの場合は通常では大型物件が多いので、かなりの経費が掛かってしまうことが特徴です。大規模修繕工事の主な内容は、屋上の防水の施工し直しと外壁の補修から外壁塗装は最も欠かせない施工範囲です。

物件の寿命を大きく左右させてしまう工事と言われているように、浸水被害を防ぐことと物件の見栄えを綺麗に保つ効果の両方を兼ね備えています。大規模修繕の場合は、一度に施工する場所の内容の範囲を広くすることで、経費を浮かせられる可能性は出ます。屋上や外壁の他に、同時に駐車場や駐輪場のリフォームを行うことや、エントランスのドアのリニューアル、ホールや廊下などの通路、階段やエレベーターのリニューアルを行う場合も多々あります。

細かな部分ではベランダ付きの物件では金属フェンスに塗装を施す内容、集合ポストの交換、ダストボックスの交換、各場所に設置をしている照明器具の交換も大規模修繕工事の内容では対象の範囲とすることは多いものです。大規模修繕工事は同時期に一気に行うこと、できるだけ依頼先の施工会社をまとめる方法で安く済ませられることになり、住む人の資産価値を下げないという利点も生まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *