大規模修繕工事をする周期について

マンションは長年使用していると様々な箇所が劣化しトラブルが発生します。

何らかの問題が発生する前に大規模修繕工事を行うことが重要です。マンションの大規模修繕工事の周期は特に決まっているわけではありません。それぞれの建物ごとに必要となったら工事を行うことになります。具体的には劣化の進み具合や建物の構造、立地条件や日頃の管理状態などを考慮して最適な時期を決定します。大規模修繕工事の周期は法律などで決まっているわけではありません。建物ごとに状況を正確に把握して適した時期を判断することが重要です。ただし一般的なマンションでは12年が大規模修繕工事を行う周期の目安とされています。

建築基準法によると10年を経過した外壁にタイルなどを使用しているマンションは、3年以内に外壁の全面打診調査を行う必要があります。この規定が12年周期という目安の根拠の1つになっています。建築基準法第8条第1項には建物の管理者や占有者は敷地や構造、設備を常に適切な状態に維持する努力義務規定が存在します。平成20年4月からは建築基準法の一部改正が行われ、定期報告制度の調査や検査基準などが厳格化されました。

これによってタイルやモルタルを使用する外壁のマンションでは、10年を経過した場合に3年以内の全面打診調査が必須となっています。この調査はタイルなど外壁の落下事故を防止することが主な目的です。全面打診調査を行うには足場の設置が必要となりますが、足場の設置にはコストがかかります。同時に大規模修繕工事を行えば経済的です。そのため10年以上13年以内である12年の周期が工事を行う時期の目安とされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *