大規模修繕工事の一般的な周期とは

建物は年数が経過することで自然と劣化や老朽化が生じるため、定期的な修繕工事を行うこと必要があります。

規模が大きくなるマンションの修繕工事では、建物の竣工・改修を行ってから10年が経過している場合、タイルなどの外壁落下事故を防止するため、3年以内に外壁の全面打診調査を実施することが法律で定められています。しかし、そのほかの修繕については築何年後と決められてはいないので、建物の構造や立地、日常的なメンテナンスによる状態によって大規模修繕の周期を決めて構いません。しかし、建物ができてから10年後には3年以内に全面打診調査を行わなければいかないので、マンションの大規模修繕工事は12年周期が一般的です。

全面打診調査に合わせて、ほかの劣化部分も修繕し、未然に事故やトラブルを防ごうと考えられるからです。管理会社や施工会社も周期を決めておけば、工事受注のタイミングがわかりやすく計画が立てやすくなります。一方、個人の住宅は建物の状態に合わせて比較的柔軟に工事のタイミングを決めることが可能です。マンションなどを建て、12年を大規模修繕工事の周期とした場合、2回目の工事は24年後頃に行うスケジュールになります。

1回目と異なり、2回目からの修繕工事は建物の劣化度合いが違うため、工事の内容は1回目と同じではありません。比較的劣化が少ない1回目は建物の外部が修繕の中心となりますが、2回目の24年ごとなると、建物内部の細かな部位やパーツの改修が必要となります。さらに3回目の36年後となれば、主要な設備や部材を更新する作業に加え、耐震補強工事など時代に合わせた工事が求められる可能性があります。
マンションの耐用年数のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *