お中元と地域によって時期が異なること

category01

お中元は、感謝の気持ちを相手に伝えるコミュニケーションツールとなり、上半期の感謝の気持ちと健康を願う気持ちを示すために品物を贈る風習となります。

お世話になっている方や目上の方に品物を贈りますが、元来は中国の風習の一つとなります。
道徳の教えに基づき、厄を祓う日として三元が重要視されてきました。
三元は上元と中元、下元の総称となりますが、7月15日が中元となり、祖先の供養をする日と定められていますが、中元の風習が日本に伝わりお盆と重なったことで、感謝の贈り物をする習慣として広まりました。


時期に関しては一般的に夏の間に贈るとされていますが、地域によって日付が異なるため、注意しなければなりません。

お中元の最新情報を掲載しています。

7月初旬から7月15日までとされている地域は東北や関東、旧暦の7月15日までとなる地域は沖縄となります。


7月中旬から8月15日までとなるのは、北海道や東海、関西や中国となり、四国も含まれます。
8月1日から8月15日までの地域は九州で、全国的にみると遅めの地域となるため、あらかじめ認識しておかなければなりません。

北陸に関しては、7月前半に贈る地域と7月後半から8月15日の間に贈る地域に分かれていますが、不安な場合は中間の7月15日前後に贈るとよいでしょう。

脱毛で人気の銀座の肌クリニック情報もきっとあるはずです。

お中元の予算については5000円程度とされており、一般的に家族や親戚には3000円前後、上司等の目上の方は、5000円から1万円程度と考えておくとよいです。

脱毛で人気の銀座の肌クリニックの人気が上昇しています。

お中元は感謝を伝える贈り物ということで、一般的に熨斗をかけますが、紅白の蝶結びの水引をかけ、熨斗の上部に御中元と書く必要があり、下に送り主の名前を書く必要があります。

大事なお中元の事

category02

7月に入るとお中元の時期が始まります。お中元は、毎年お世話になった方へ贈る形のある感謝の表現です。...

subpage

お中元の情報分析

category02

日本には1年に2回、お世話になった人に感謝の気持ちをこめて贈り物をする風習があり、夏は「お中元」冬は「お歳暮」として定着しています。日本でお中元が広まったのは室町時代ごろと言われていますが、「中元」という言葉は中国に由来します。...

subpage

お中元の納得の知識

category03

時代とともに生活様式が変わり人々の考え方も変わるのはしょうがないことかもしれませんが、私達が日常生活をおくる上でお世話になった人達に感謝の気持を表す、ということは何時の時代になってもそう変わらないことです。毎年、この6月の時期になるとデパートをはじめ各商店でお中元商戦が始まり、もうこの時期が来たのかと思いをめぐらせ、それと共に、それでは何を贈ろうかと悩む時期でもあります。...

subpage

お中元の予備知識

category04

6月に父の日が終わると、一気に街中で目にする言葉。それがお中元ではないでしょうか。...

subpage